Amazon Vender Expressの終了

Amazon Vendor Expressのサービスが終了となりました

 
Vendor-Express2.png
 

AmazonのVendor Expressというサービスを通じたAmazonからのオーダーが、2018年5月21日をもって終了しました。このサービスは2019年1月2日にはそのオペレーションが完全に停止することが決まっています

現在Vendor Expressサービスを利用している販売者向けに送られたメールには、サービス終了の理由について、「私たちは常にAmazonでの販売において、より良いサービスを模索しています。この度慎重な審議の結果、Amazon Vendor Expressのサービスを終了し、その他の販売プログラムのビジネスに集中することを決定致しました。」とのみ書かれています。

 
Vendor-Express3.PNG
 

Vendor Express終了に関するスケジュールは以下の通りです。
-2018年5月21日 Amazonからのオーダーの停止、登録商品の追加や情報の編集ができなくなる
-2018年6月30日 オーダーに関するinvoiceの受付の終了
-2018年7月1日 Vendor Expressのサイトがread-onlyになる
-2019年1月1日 Vendor Expressのサイトの完全停止

■Amazon Vendor Expressとは

 
VendorExpress_Header.jpg
 

2015年にAmazonは、それまでのVendor CentralとSeller Centralというサービスの両方の機能を持ち合わせるVendor Expressというサービスを導入しました。このサービスはこれまでのものに比べて柔軟性が非常に高く、販売者が輸送コスト・販売計画(在庫管理)・カスタマーサービス・返品について全く気にせずに、一度に一定量のオーダーをAmazonから受けることが可能なサービスでした。

以下がこのサービスの主なメリットです。
1.    参加費用が無料 Seller Centralと違い、サービスに加入における委託費用がかかりません。
2.    一括注文オプション 販売トライアル期間で、その製品の一定の販売可能性が証明できれば、基本的にAmazonからは一度に一定量のオーダーが入ってきます。
3.    “Sold by Amazon”というカテゴリ 販売可能性が証明されVendor と認定されると、その製品が“Sold by Amazon”とカテゴリされ、Amazonサイト内での優位性を得ることができます。
4.    在庫管理は不要、送料は無料 いったん販売者がVendorとなれば、Amazonが在庫を管理してくれ、その商品の送料について、Amazonプライムメンバーにはfree 2-day shippingで、いくつかのプライムメンバーでない顧客にも無料配達ができます。
5.    カスタマーサービス Amazonが販売者に代わって24時間カスタマーサービスに対応してくれます。
6.    マーケティングサービス 最も大きなメリットとしては、Amazon Marketing Services(AMS)にアクセスすることが可能となる点があげられます。販売した商品に関するセールスレポートが出力でき、その情報を最大限に利用して、Amazon内でのおいてキャンペーン広告が作成できます。

■Vendor Expressのサービス停止の理由について

サービス停止する明確な理由については未だ明らかになっていません。
ただ、このサービスは上記で挙げられている多くのメリットがある一方で、様々なデメリットも存在していました。
商品販売から代金受取りまでの期間が長く、またその期間はAmazonと交渉することはできないこと。商品の販売可能性の審査の為、最初のオーダーを受ける前に必ずテスト用の在庫を無料で提供しなければならないこと。販売者 は商品のAmazon上での販売価格や在庫を管理する権利はなく、全てAmazon内のコンピューターのアルゴリズムによって決定がされてしまうこと。等。

Marketplace Pulse のCEO、Joe Kaziukėnasさんは
「Amazonはこのサービスから得られる利益が少なく、販売者自身に様々なリスクを管理させる方が妥当だと考えたのかもしれない」
と述べています。

また、SellerLabsのLena Libermanさんは、
「Vendor Expressは、Amazonにとって有益でなかった可能性があります。アマゾンの3P(プロダクト、プログラム、パートナーシップ)のいずれかが収益を上げていない、またはアマゾンの成長につながっていないと判断された場合、Amazonはそのサービスを終了することを厭いません 。Vendor ExpressがAmazonの利益となっていたとしたら、Amazonは間違いなくサービスを継続していたでしょう。」
と述べています。

■Vendor Expressの販売者の次のステップ

 
amazon-market-placce.png
 

Vendor Express の販売者達にAmazonから送られたメールによると、Amazonは今度はAmazon Market Placeを通じて販売することを推奨しています。

このAmazon Market Placeとは Amazon上の売場をさし、Amazon以外の出品者として出品するということになります。販売する為にはSeller Central アカウントを作成して出品者として登録することで販売ができます。このサービスでは、自身で商品価格と在庫レベルを設定することができ、Vendor Expressよりも早く商品代金を受け取ることができます。しかし、Amazonの場を借りて一お店として出品することから、カスタマーサポートや在庫管理等、Amazonへの手数料やFBA倉庫費の考慮と、メーカーにとってはVender Expressの時のようにAmazonに卸売していた状況とは大分変わりますので、移行を行う前にサービス運用において様々な考慮すべき要素がありそうです。

もう一つVendor  Centralアカウントを通して販売する方法もあります。しかし、このVendor  Central はAmazonからの招待がないと利用ができず、Vendor Expressでの販売者が自動的にこれに招待されるというわけではありません。この選択肢が取れる販売者は多くないでしょう。

 
Amazon-Vendor-Central-vs-Seller-Central.jpg
 

今やAmazonは市場への大きな影響力を持っています。大きな販売の場でもありますが、同時にやり方によっては市場の価格が大きく崩れてしまう要素にもなりかねません。今後どのように移行を進めていくのか、慎重に進めていきたいと思います。
田村