アメリカの小売店舗紹介シリーズ ①Paper Source

アメリカの小売店舗紹介シリーズ Paper Source

このシリーズでは、弊社がやり取りをしている、中小小売店舗や大手チェーン店についてを紹介していきます。
今回紹介する店舗は、グリーティングカード、ステーショナリーや雑貨を扱っている大手チェーン店、Paper Sourceです。

 
 

1983年に世界中から集めた綺麗な手作り紙類を扱うお店をシカゴに開いたのがPaper Sourceの始まりです。その後何年にも渡って、同店はオリジナル商品展開や新店舗、papersource.comのオンラインショップや卸業と事業を拡大していっています。

2007年よりSally Pofcherが同社のCEOとして就任し、よりオリジナルデザインや新商品の紹介に力を入れ、全米に120店舗を展開しています。

主に上質な紙類、カスタムメイドの招待状やお知らせ、特色のあるギフト類、グリーティングカード、ラッピング用紙、ペーパークラフトセット、パーティー用品、文房具やスタンプ等を扱っています。扱っている商品の約半分は本社シカゴを拠点としたチームによるPaper Source社のオリジナルデザインであり、ユニークで上品、そして独特な色彩が使用されています。季節に合わせてテーマを決め、そのテーマにあった小物やギフト品も積極的に扱い始めています。

 
Papersource.actus_dec2011.jpg
 

最近ではPaper Source社オリジナル商品以外にも、他ブランドの商品を扱い始めており、日本製の商品も少しずつ店内で見かけるようになりました。弊社ブランド商品も取り扱っており、継続的なオーダーを頂いています。シーズン毎のディスプレイも美しく、今後の取引拡大が楽しみな小売店の一つです。

新井