第1回 アマゾンのマーケティングキャンペーン攻略

オンラインの書籍販売から始まったアマゾン、今では世界一のオンラインショップになり、ファッションや食品業界にまで手を伸ばしています。

 
Amazon.com-Logo.png
 

そしてアメリカの消費者の44%が、アマゾンで商品リサーチをはじめるといわれています。消費者は商品情報そのものよりも、他商品との価格比較などリサーチのためにアマゾンサイトを訪れることが多いそうです。そのため、販売者としてはいかにして他商品との差をつけるかが、売上を伸ばすうえで重要になってきます。

そこで役立つのがアマゾンマーケティングサービス(AMS)

 
 

今回、次回のブログでは2週続けてAMSのマーケティングキャンペーンについてご説明したいと思います。アマゾンにベンダー(販売者)として登録すると、このマーケティングキャンペーンを設定することができるようになります。アマゾンマーケティングサービス(AMS)には4種類のマーケティングキャンペーンがあります。

1. Price Discount(プライスディスカウント)

自分で設定した商品の値引きを提示できます。

 
 

2.Lightning Deal(ライティングディール)

Dealsのページ(アマゾンで最も人気のページ)に商品が掲載されます。

 
 

3.Coupons(クーポン)

各商品に割引クーポンを付属することができます。

 
 

4. Pay-per click Advertisement (ペイ・パー・クリック広告)

商品サーチ、類似商品のページに商品の広告が掲載されます。クリックされた場合のみ課金されます。

 
 
 
 

キャンペーンを設定する前にその目的(商品の知名度を上げたい、過剰在庫処理など)、予算などを確認し、最適のキャンペーンを選びたいですね。

では次回、第2回では実際にキャンペーンを設定してみましょう!

平沢