NY NOW 2017 Summerを終えて

先日のブログで予告いたしましたとおり、New Yorkでは8/20~8/23の4日間、NY NOWが開催されました。当社からは、WASARA、Sukeno、Hamicoの3ブースを出展し、多くのバイヤーの皆様と商談させていただくことができました。以下、各ブースの様子をお伝えします!

 
会場への入り口

会場への入り口

 

まずは、アメリカのテーブルウェア業界ではかなり名前が知られるようになったWASARAです!
WASARAと言えば、まずはなんといってもブースのデザインに目を惹かれます。特別な製法で作られているこの紙皿は、パッと見ただけでは紙とは気づかないバイヤーさんも多くいらっしゃる程の上質さがあり、壁一面に貼ると素敵なアートのようです。バイヤーさんは小売店からはもちろんのこと、ケータリング会社や、イベント企画会社からも多く来てくださいました。製品の展示の仕方にもこだわっており、WASARAを使ってどんなおしゃれなパーティーができるだろう、、、!と皆様どんどんイメージが広がるようでした。

 
_DSC0166.jpg
_DSC0158.jpg
_DSC0162.jpg
_DSC0258.jpg
_DSC0156.jpg
 

次に、可愛い見た目が大好評のSukenoです!
絶好調のドーナツソックス、寿司ソックスは5色の新色と共に、ブースを大幅に拡大して挑みました。ブースの前を通った人はバイヤーさんに限らず出展者の皆さんも必ず足を止め、「なんて可愛いんだ!」と思わず声に出てしまいます。Sukenoのソックスは畳んだ形のドーナツ型や寿司型が特徴ですが、実は広げて履いてもすごく可愛いのです!ということで、スタッフは全員ソックス着用で店頭に立ちました。わくわく楽しいブースとなり、終始大盛況でした。

 
_DSC0127.jpg
_DSC0133.jpg
_DSC0126.jpg
_DSC0207_1.jpg
_DSC0303.jpg
 

最後に、今回のNY NOWがアメリカデビューとなったHamicoです!
NY NOW初日、日本からメーカーの皆さんもやって来て、Actusのメンバーと共にドキドキしながらお披露目の日を迎えました。いよいよ開始の時刻となり、バイヤーさんが会場に入ってくると「こんなおしゃれな歯ブラシなんて見たことない!」「アメリカの歯ブラシは大きすぎる、このサイズが欲しかった!」と皆さん驚きの表情で立ち止まり、手に取って触ってみたり、可愛いデザインの組み合わせを考えて並べ替えてみたりと、予想を上回る繁盛っぷりでした。サンプルにもたくさんのお申し込みをいただき、Hamicoのアメリカデビューは大大大成功となりました!

 
_DSF7907.jpg
_DSF7887.jpg
_DSF7903.jpg
_DSF7875.jpg
_DSC0325.jpg
 


各ブースが大変な盛り上がりで大忙しの中、おしゃれで可愛い物が大好きなActusのメンバーは貴重な休憩時間も他ブースの偵察に出かけます。NY NOWでは大きく分けてHOME、LIFESTYLE、HANDMADEの三つのカテゴリに分かれてブースが出展しています。これに加え、日本パビリオン、ドイツパビリオン、イギリスパビリオンなど、国ごとに複数のブースがまとまって出展するエリアがあります。

 
_DSC0202.jpg
 

HOMEのカテゴリでは日常使用する物であれば何でも取り扱っています。ショールームのように、ブースをおしゃれな部屋に見立てた展示をして家具を売り出しているところもあれば、綺麗でスタイリッシュな食器が棚を埋め尽くしていたり、アジアの伝統的なデザインのインテリアが売られていたりと、このカテゴリの中でも様々な種類のブースがあります。

LIFESTYLEは主にGiftで括られる雑貨を取り扱うブースが多く、見たこともない不思議なデザインの文房具や小物など、ちょっとした日用品にもかかわらず、こだわって作られたことが分かるアイテムが多数見られました。また、アクセサリショップやキッズ用品もLIFESTYLEに含まれています。アクセサリ関連は小型のブースがほとんどで、全体に占める面積はさほど大きくはないものの、出店数はかなりの数でした。

HANDMADEでは個人で出展しているところが多く、小さなブースに個性豊かな品々が並んでいました。取り扱う商品は、服、アクセサリ、スカーフなど様々です。

 
Photo Aug 23, 11 38 22 AM.jpg
Photo Aug 23, 1 15 54 PM.jpg
 

このようにNY NOWでは、色々なジャンルの商品がアメリカ国外からも多く集まっています。
私も色々と歩き周り出展者の方々とお話させていただいたところ、自慢の商品を多くの人に見てもらうんだ!という熱意を各ブースから感じました。ですが、そんな中でもMade in Japanの存在感は圧倒的です。革新的で品質の良い商品を生み出す国として期待されていることを誇らしく思うとともに、これからも日本にはまだまだある世界に誇れる商品をもっともっと広めていきたい!と気持ちを新たにしました。

古谷