NYの話題のお店Story、新コンセプトは"Beauty"

以前ご紹介しましたNYで人気を集める話題のお店「STORY」ですが、新しいコンセプトにリニュアルしたのでレポートをお届けしたいと思います!

前回は"Fresh"というテーマでナチュラルな雰囲気を演出したお店でしたが、今回のテーマは”Beauty”。
前回とは一転エッジのきいたクールな雰囲気となっていました!

 
Story-beauty.jpg
 

店舗全体は白をベースとした内装で、全体的にテーマにあったクリーンな印象です。しかし、ただクリーンというだけではなく、壁にはミラーやコスメを使ったポップなデコレーションやインスタレーションがあり、白い店内にそれらが良く映えて、まるでギャラリーやミュージアムのようなクールな演出がされてありました。

 
IMG_20170914_165146.jpg
IMG_20170914_165541.jpg
 

また、写真が撮れるコーナーや化粧品を試せるコーナーなど、お客さんが楽しめるコーナーがあったり、ネイルポリッシュの自動販売機やパーテーションを利用した陳列など、小さいお店ですが楽しさが詰まっており、長く滞在する人が多かったように思います。訪問した際の客層も、美容に敏感な20代以上の幅広い年齢層の女性が多く訪れていた他にも、贈り物を選ぶ男性の姿も見受けられました。

 
IMG_20170914_165634.jpg
IMG_20170914_165444.jpg
 
 
IMG_20170914_165735.jpg
 

売場の編集では、Beautyというテーマを様々な視点で表現されてあり、リップ、アイ、ヘア、スキンと部分に分けてそれぞれの商品や関連するギフトグッズを並べていたり、枕やアロマオイル、睡眠関連書籍をまとめた睡眠コーナーとすこしユニークな切り口でも編集されているコーナーもありました。

 
 ギフト、本、メイクアップ商品が一緒に並ぶ

ギフト、本、メイクアップ商品が一緒に並ぶ

 睡眠という切り口で編集したテーブル

睡眠という切り口で編集したテーブル

 

今回のテーマ"Beauty"では、NYに本社を構える美容製品の製造・販売事業を行うグルーバル企業Cotyとパートナーシップを組み行われたようです。
美容のリーディングカンパニーでもあるCotyらしいカッコよさと、Storyらしいユニークさが融合したお店作りとなっていました。

今回のBeautyでのショップ展開は10月15日まで。次はどんなテーマになるのか楽しみです。

高松