インスタのアルゴリズムの仕組みとは

Instagramは現在アクティブユーザーを約7億人を抱え、急成長を遂げているSNSの一つですが現在Instagramはアルゴリズムを利用している事はみなさんご存知でしょうか?今回はこのアルゴリズムとその仕組みについてお話ししたいと思います。

 
kk.jpg
 

Instagramはサービス開始から始めの6年間は投稿されたポストが時系列順に並んでいて、ログインすると一番最新の投稿がトップに出るようになっていました。しかし、インスタグラムによるとユーザーの70%はポストされている写真を見逃しているとし、アルゴリズム導入を2016年3月に発表しました。アルゴリズムとは時系列に関係なくユーザー本人の関心や興味度によって写真の系列が変わる事です(系列が変わるだけで全ての投稿は変わらず見れます)。この発表に一部ユーザーは“Keep Instagram chronological”と時系列戻すよう活動し、一日で7万もの署名を集めましたが、Instagramの移行は変わらず現在もなおアルゴリズムが導入されています。Instagramによると、このシステムを導入することによって、よりユーザー多くのユーザーが好んだ投稿にLikeやCommentをすることで、より活発にコミュニティに属していけるとしています。結果としては、Instagramの予想通り、アルゴリズム導入後10ヶ月で当初の約50%近いユーザーを獲得し、2016年6月の5億人から2017年4月には7億人を突破しました。6億人から7億人へのユーザー獲得は今までにない異例の速さでのユーザー獲得をし、アルゴリズム導入はうまく機能していると考えられます。

アルゴリズムはユーザーの興味や関心によって写真投稿順が変わること、またそれがうまくいっていることは分ったと思いますが、そのアルゴリズムはどのような仕組みで働いているのでしょうか。Instagram mentionsによると、ユーザーの人との関係性や、どんなものに興味があるかに基づいているとしています。例えば、ユーザーが今までにLikeやCommentをどんな頻度で誰にしてきたかや、インスタグラム内でのメッセージのやり取り、誰を検索したか等Instagram内でのすべての行動がアルゴリズムに影響しています。利点としては仲の良い友達の投稿や、好きな海外アーティストの投稿などが時差がありながらも見逃すことが無いという事です。

 
IMG_5460.jpg
 

この機能を使って一部のユーザーは多くのフォロワーを獲得しています。例えば世界的に有名であり、多くのファンを持つジャスティンビーバーを例にとると、世界中の彼のファンは必ず彼の投稿にLikeやCommentをするため、アルゴリズム機能が働き、彼の世界中のファンのInstagram上には、彼の投稿がトップに出てくる事が考えられます。このように世界的に有名なアーティストや、芸能人のCommentに一部ユーザーは「LB (Like Back(私の投稿にいいねして!)) 」「CB(私の投稿にコメントして!) 」「FB(私をフォローして!)」を数多くセレブの投稿にコメントします。セレブの投稿は数多くのInstagramユーザーのトップをとる為、このようなコメントは通常の投稿よりも多くの人の目に付きます。なのでこのコメントをセレブの投稿を通じて呼んだユーザーはコメントしたユーザーをフォローすることが出来る為、アルゴリズムをつかったフォロワー増加も一部ユーザー間では行われています。

 
IMG_5461.jpg
あるご.jpg
 

このアルゴリズム機能はマーケティングにどのように作用するのでしょうか。企業アカウントが商品を紹介する広告をポストした場合、その画像や動画のクオリティでフォロワーを惹きつけることが可能です。例えば、Instagramでは2016年から2017年で動画の利用が80%増加しました。7億人を超えるアクティブユーザーを有するInstagramで80%増加というのは莫大な数だと理解できると思います。動画投稿が増加した理由の一つとしては、動画投稿は写真投稿よりも多くのフォロワーからより長い注意を惹きつけられるためです。企業アカウントも写真・動画投稿で多くの人から注意を惹き続けることで、多くの人のInstagram上でトップに出やすくなるため商品が目につきやすくなることが考えられます。そうなると、時間を考えず投稿しても必ず写真・動画は見られるのでアルゴリズムを上手く活用したマーケティングもあります。しかし、企業アカウントで商品広告に関するポストをして、アルゴリズムで多くのフォロワーのトップフィードを取るよりも、広告にお金をかけることでトップフィードを取ることが出来、またターゲット層を絞れるため有効だとされています。InstagramはFacebookに買収されてから、Facebookと同じ方法でターゲット層を絞り、低価格での広告宣伝が可能になりました。

 
1.jpg
2.jpg
 

しかし現在Instagramの機能の一つとして注目をあびているのがShop Nowです。この機能は企業の広告投稿に限って現在テスト運用されており、投稿された商品にタグをつけることが可能でユーザーはこのタグをタップすることでInstagram内でブラウザが開き、買い物ができるといった新たな機能です。この機能が実施された場合、広告投稿のコメントが商品の口コミになり、Instagramがより大きなマーケティング市場になる可能性があります。なので企業アカウントは今から定期的な投稿、効果的なプロモーションによってフォロワーを獲得しておく必要があるのではないかと考えられます。

 
3.jpg
4.jpg