チャリティイベントに出品しました

 
charity.jpg
 

アメリカのチャリティ精神は日本に比べてかなり強く、活動も活発で、中には政治的に影響力をもっている団体も多くあります。

こちらは2017年にForbs社が紹介したアメリカのトップチャリティ団体リストですが、1位の団体の総収入が$4,266,000,000 (4,300億円)と、日本の大手企業並みの額という点からみても、その活動の大きさがうかがえます。
https://www.forbes.com/top-charities/#5134a4e376ab

また、チャリティ精神は最近の米国の販売戦略としても使われており、最近急激に知名度を上げているBOMBASというブランドは、これまでの「Buy one get one(1個買えば1個無料でもらえる)」ではなく、「Buy one Give one(1個買うと1個ドネーションできる)」という謳い文句で消費者の共感を得ています。

 
BOMBAS website.jpg
 

今回Boys & Girls Clubs of Americaという団体からSUKENOの商品にお声がけがあり、彼らが主催するチャリティオークションに、これまで展示会で展示用として使用していたサンプル品を出品しました。(※今回出品したKids用のSushi socksのUSでの販売が昨年で終了している為)

 
 この団体が可愛くラッピングしてくれました!

この団体が可愛くラッピングしてくれました!

 

Boys & Girls Clubs of Americaは1860年にメアリー・グッドウィン、アリス・グッドウィン、エリザベス・ハンマーズリーのコネチカット州ハートフォードに住む3人の女性達が立ち上げた団体です。恵まれない低所得の家庭の幼い子供たちが、将来のビジョンをもって高校を卒業できるよう、全米の4300か所に活動場所を設置し、年間4ミリオンもの子供たちを、様々な活動を通してサポートしています。

 
website.jpg
 

カリフォルニア州のロスアラミトス競馬場で開催されたイベントには、およそ350人のゲストが参加したとのことで、オークション総額は$140,000(約1,600万円)にもなったとのことです。中でもSUKENOの靴下は参加者の目を引いていたとのことでした。

IMG_4343.JPG
IMG_4252.JPG

このイベントへの参加で更にSUKENOの認知度とイメージアップに繋がることを祈っています!

 
IMG_4280.JPG