ニューヨークで急成長中の新サービス

今回はニューヨークで流行り始めているワークスペース・サービスをご紹介します。ワークスペースを提供しているサービスと言えば、日本でもWeWork(ウィーワーク)がおなじみですが、2年前より始まったこのサービスは、その競合として注目されています。

Spacious(スペーシャス)

https://www.spacious.com/

blog1.jpg

ニューヨーク内にはたくさんの人気のレストランがありますが、通常レストランの稼働時間は夕方5時以降。そこで、昼間の時間帯に、フリーランサーや自宅勤務の人々が仕事をできる場所として、レストランのスペースを提供するものです。中には超人気で予約が取りづらいレストランなども含まれています。

使用する側にとって何よりも魅力なのは、月々の使用料が安いことです。トライアルは5ドル、デイリーパスは25ドル、年間契約をすると、1カ月99ドルで、全てのスペースにアクセスできます。WeWorkが月々500ドルからであることを考えると、格段にリーズナブルです。カジュアルなセッティングで、気軽に仕事をしたい or ミーティングをしたい、といったオケージョンには最適です。

また、提供するレストランにとっても大きなメリットがあると言われています。まずは、定収入になるので、高い家賃を払う手助けになること。そして、レストランを知ってもらう良い宣伝になるのでした。

blog2.jpg

スペースを提供する側にとっても、使用する側にとっても、大きなベネフィットがあるこのサービス。現時点ではニューヨークでは20軒ほどのレストランがスペースの提供を行っています。少し前にはサンフランシスコでもサービスが始まったようですので、今後は全米の主要都市に広がっていくのではないかと思います。個人的には、ぜひボストンに来て欲しいです。ちょっと試してみたいサービスです。

松浦