Promat展に出展しました

2019年4月8日から11日まで、IL州のシカゴで開催された、Promat展に出展してきました。

Photo Apr 06, 4 39 47 PM.jpg
Photo Apr 06, 4 58 02 PM.jpg

Promat展は2年おきに開催される物流業界向けの展示会で、GA州のアトランタで開催されるModex展と交互に1年おきに開催されています。

開催場所はシカゴのマコーミックセンターで3月に別ブランドで出展したIHHS展の開催場所と同じで、今回はAutomateというAIなどを利用した倉庫で使用する自動機械の展示会も合同で開催されていました。

物流を制する会社が世界を制する、とはAmazonの事例を用いて最近良く聞く話ですが、Promat展への関心の高まりが参加者の数に反映されており、年々来場者が増え、今年の来場者は50,000人を超えたそうです。実際にブースに立っていても、人の入りが毎年明らかに多くなっていることを感じます。

Photo Apr 09, 9 39 29 AM.jpg

4日で600人近くのブースへの来場があったのですが、中でも一番多かった声が、「Safety」なカッターを探しているとの声です。

従業員の方のカッターによる怪我が多いが、倉庫においてカッターで箱を開ける作業はどうしても避けられません。Canaryのカッターはその特殊な形状から、従来のまっすぐな刃よりも安全で、かつ段ボールが簡単に裁断できるということで、デモンストレーションをするたびに、通りかかる来場者の方から感嘆の声があがりました。

Photo Apr 09, 10 40 23 AM.jpg
Photo Apr 09, 11 14 42 AM.jpg

既に米国Amazonでも個人消費者向けに月間5000本近い売り上げが上がっているCANARY のカッター。この展示会をテコに法人向けにも販売網を広げていきます!

田村

Photo Apr 10, 5 26 41 PM.jpg