Macy'sで売られているSukeno Socksを見に行ってきました!

今回は弊社がエージェントをしていますブランドSukeno Socksの陳列状況を確認するため34th, 35th Street のHerald Square (ヘラルドスクエア)にある米百貨店最大手メイシーズニューヨーク本店に訪問しました。

メイシーズはマサチューセッツ州で1851年に創業し、現在では全米33州及びグアムとプエルトリコに合計431店舗を展開する米国最大手の百貨店です。また、ニューヨークに店舗を構える人気雑貨店「STORY」を買収したことでも近年話題となりました。現在はメイシーズ一部店舗の中に、STORYコーナーを設けて展開させています。今回店舗訪問をしましたニューヨーク本店には地元の買い物客から、世界中の観光客が集まり賑わい見せています。

 
Macys1.jpeg
 
 
 

化粧品売り場を突き抜けると中二階へ続く階段があり、ニューヨーク店ではこの中二階がSTORYのコーナーとなっています。

店内には女性向けの雑貨を中心に商品が陳列されてました。また一見化粧品や食べ物に似たようなアイテムも多く、POPでお洒落なテイストでディスプレイされていました。

SUKENOの商品としては、昨年より取り扱いされているPizza socksに加えて、今回から新商品のCosmetic Socksも取り扱いが始まりました!見た目からは靴下とは思えない商品になっており、そのユニークな見た目やポップなデザインがインスタ映えすることで発売以降人気を集めているラインです。

 
 
 
 

ニューヨーク店は米大手百貨店の旗艦店ということだけあって売り場面積も広く、多層階にわたって数多くの商品が取り扱いされています。また同店は、近年積極的に店舗改革を行っており、「b8ta」という店内はショールームとして在庫を持たず、購入はその場でオンライン購入する仕組みをとった店舗を最近1階に新しくいれていました。今回Sukeno Socksが陳列されているSTORYも通常の雑貨店のようなカテゴリー毎に商品を陳列するのではなく、テーマを設けて、そのテーマにあった商品を陳列したいと、創意工夫された売り場づくりを取り組んで、客数の減少を防いでいるようです。

オンラインショッピングの加速が進む中、生き残りをかけて各デパートメントストアーも新たな取り組み、差別化できる新たなユニークな商品探しを積極的に行っています。小売店にとって苦しい時期こそ、新ブランドにとってはチャンスでもあります。現在次の春夏アイテムの商品レビューを行っている大手チェーン店も多いですので、各ブランドしっかりとフォローアップしていきたいと思います。